サイトマップ

プライバシーポリシー

HOME  >>  ご案内

ご案内

教育方針

園児一人一人の発達に応じた柔軟性のある指導計画を作成し、個性を大切にした保育を通して、心身の調和をはかり、豊かな人間性の基礎づくりにつとめます。

育てたい幼児像

  • よく見て考えるかしこい子
  • 心豊かなやさしい子
  • 元気で頑張る子
  • 友達と仲良く遊べる子

本園の特色

  • 広い園庭、運動場、体育館、プール、各種運動用具など、元気な子供を育てる環境が整っています。
  • 園外遊びでの自然体験、なかよし農園での野菜作り、小動物の飼育などを通して、豊かな心情や、科学性の芽生えを育てます。
  • 遊びの中で、考えたり工夫したりしながら、やり遂げる充実感や創造する楽しさを味わうことのできる機会を多く取り入れています。
  • 家庭との連携を密にし、お互いに協力して子どもの幸せを願い、日々努力しています。

園の紹介

クラス編成

  • 年少組・・・1クラス20名程度
  • 年中組・・・1クラス30名程度
  • 年長組・・・1クラス30名程度

※全学年小学校区別にクラス編成


通園バス

  • 冷暖房で、全車快適
  • 専属のバス職員がいます。

服装

  • 年少組・・・自由服装
  • 年中組・・・制服
  • 年長組・・・制服

給食

  • 週4回 給食(自園給食、給食弁当、パン給食)
  • 週1回 弁当(水曜日のみ)

預かり保育

  • 保育終了後から6時まで(1回450円)
  • 長期休業(夏季・冬季・春季) 8時〜13時 500円
                       13時〜18時 500円

土曜登園

  • 第1・第3土曜日・・・自由登園日(午前保育)
  • 第2・第4・第5土曜日・・・休園

音楽遊び・文字遊び

  • 年長組になると、ひよこ会(音楽遊び)と文字遊びを週に1回ずつ
    行っております。

課外活動

  • カワイ体操教室
  • 英語アカデミー
 

経営の基本方針

園児・保護者・教職員が互いの思いや願いを共感しあい、その実現に向け
「共育・協育・響育」する保育を通して教育目標の具現化を図る。

教育目標の構造

園の教育目標

一人ひとりが主役となり、生き生きと集団生活を楽しむことができる園児の育成

豊かな人間性の基礎づくり

全保育活動

個を生かす保育

心を培う保育

教師像
  • 自助努力を惜しまず、説明責任・結果責任を果たせる教師
  • 園児・保護者・同僚に信じられ、愛される教師・したわれる教師
園児像
  • よく見て考えるかしこい子
  • 心豊かなやさしい子
  • 元気で頑張る子
  • 友達と仲良く遊べる子
幼稚園像
  • 元気な挨拶がとびかい、温かく、ほのぼのとした、やすらぎのある、笑顔あふれる幼稚園

小学校へつなぎ・つなげる保育

人格形成の基礎を培う

一年間の行事

春(4月〜6) 夏(7月〜9月) 秋(10月〜12月) 冬(1月〜3月)
  • 入園式
  • 親子遠足
  • 子どもの日運動会
  • いちご狩り(年中)
  • お泊り保育(年長)
  • じゃがいも掘り
  • ミニトマト狩り
  • 納涼会
  • お月見集会
  • 虫とり
  • 運動会
  • 乗馬体験(年中)
  • みかん狩り(年長)
  • 遠足(年少・年中)
  • いも掘り
  • 製作展
  • もちつき
  • 遊戯会(年長)
  • クリスマス会
  • お店やさんごっこ
  • 和太鼓発表
  • 豆まき
  • 遊戯会(年少・年中)
  • ひなまつり会
  • 卒園式

※その他にも希望に合わせたさまざまな行事を行っております。

保育年間目標

年少組
健康
  • 基本的生活習慣を身につける。
  • 教師や友だちと運動遊びを楽しむ。
安全
  • 避難訓練の必要性を知り、教師の指示に従って避難する。
  • 信号機の正しい見方が分かり、正しい道の歩き方が分かる。
  • 遊具などの安全な使い方が分かる。
人との
かかわり
  • 集団生活に必要な決まりがあることを知り、共同生活を身につけると共に教師や友だちとの関わりを十分に持ちながら、安定した園生活を送る。
環境
  • 行事に喜んで参加する。
  • 身近な自然や動物に親しみを持ち、教師や友だちと関わって楽しく遊んだり、物を大切にしたりする。
  • 日常生活の中で、数量や図形などに触れる。
言葉
  • 大きな声で挨拶する。
  • 自分の思いを言葉で伝え合う。
表現
  • 歌に興味を持ち、楽しく歌うことができる。
  • 正しい楽器の使い方を知り、演奏する。
  • リズムに合わせて、のびのびと表現する。
  • 見たり聞いたりしたことをのびのびと表現する。
  • いろいろな材料を知り、用具の正しい使い方を知る。
年中組
健康
  • 基本的生活習慣を身につけ、大切さに気付く。
  • いろいろな運動に積極的に取り組み、目標を持つ。
安全
  • 放送を聞き、内容を理解し避難しようとする。
  • 自分で考えて信号機を見たり渡ったり出来る。
  • 遊具の安全な使い方を守りながら遊ぶ。
人との
かかわり
  • 個人生活における望ましい習慣や態度を身につける。
  • 共同生活における望ましい習慣や態度を身につける。
環境
  • 行事に喜んで参加する。
  • 自然事象に興味を持つ。
  • 動植物に興味を持ち見たり、世話をしたりする。
  • 数・形遊びを楽しむ。
言葉
  • 教師や友達に対して恥ずかしがらずに元気よく挨拶ができる。
  • 教師や友達の話を静かに聞いて理解する。
  • 自分の思いや経験を話す。
表現
  • 歌詞を正しく覚え、きれいな声で楽しく歌う。
  • 楽器を正しく使い曲に合わせて楽しく演奏する。
  • リズムをとりながらのびのびと表現する。
  • 聴音に親しむ。
  • 鍵盤ハーモニカで簡単な曲が弾ける。
  • 感じたことや経験したことを描いたり作ったりして豊かな感性を持つ。
  • いろいろな材料に親しみ、用具の使い方を知る。
年長組
健康
  • 正しい基本的生活習慣が身につき、自主的に行う。
  • いろいろな運動あそびや戸外運動に積極的に取り組み、目標を高く持つ。
安全
  • 状況に応じて、自分で判断し安全に避難する。
  • 交通安全に必要な事柄を理解し、守って行動する。
  • 園内及び園庭の遊具や施設での約束を守り、安全に気をつけて遊ぶ。
人との
かかわり
  • 自主性を身につける。
  • 共同生活の決まりを守って、友だちと仲良く遊ぶ。
  • 集会の態度をきちんとする。
環境
  • 行事に喜んで参加する。
  • 自然事象に関心を持つ。
  • すすんで動植物の世話をし、優しい心を養う。
  • 数あそびを通して、数量を理解する。
言葉
  • 自分からすすんで挨拶する。
  • 正しい姿勢で内容を理解しながら話を聞く。
  • 自信を持って人前で自分の思いや経験したこと、童話などを離すことができる。
  • 文字に興味・関心を持つ。
表現
  • きれいな声で感情を込めて歌う。
  • 多くの楽器に親しみ、リズムに合わせて演奏する。
  • 一人でも自信を持って楽しく表現することができる。
  • 旋律・和音を聞き分ける。
  • 鍵盤ハーモニカで曲を正しい指使いで演奏する。
  • 感じたこと、考えたことをのびのびと表現する。
  • いろいろな材料を使用し、工夫して表現する。

沿革

  • 昭和28年10月1日 松山市ニ番町28番地に番町幼稚園 開園
  • 昭和49年3月22日 番町幼稚園を南斎院に移転

概要

  • 住 所      愛媛県松山市南斎院町739−1
  • 連絡先      089−972−4686
  • 理事長      新野 修平
  • 園 長      大内 康夫
  • 通園バス     6台 全車冷暖房完備

私立幼稚園就園奨励費(保育料の免除)について


松山市の場合 (平成29年6月8日改定)

階層 対象世帯区分 推定年収
(参考値)
補助限度額(年額)
第1子 第2子 第3子
第1階層 生活保護受給世帯 217,400 217,400
第2階層 市民税非課税世帯
(所得割・均等割ともに非課税)
190,400 217,400
市民税所得割非課税世帯 
(所得税非課税で均等割課税)
第3階層 市民税所得割額77,100円以下の世帯 270万〜 97,400 156,100
第4階層 市民税所得割額211,200円以下の世帯 360万〜 43,600 129,500
第5階層 上記以外の世帯
※第2子・第3子以降所得制限なし
680万〜 対象外 108,700

■第1階層〜第3階層
「生計を一にする」兄・姉がいる場合、その兄・姉(年齢の制限なし)から、 該当園児を第2子、第3子と数える。

■第4階層〜第5階層
「生計を一にする」兄・姉は、同一園又は他の幼稚園等に就園している者、もしくは小学1年生〜3年生までの者とし、 その者がいる場合は、その者から該当園児を第2子、第3子と数える。 未就園や小学4年生以上の兄・姉のみがいる場合は、該当園児は第1子扱いとなる。

■詳細はこちら

このページのトップへ